霜月めあ、国際的月刊誌「FHM」でスポーティーなグラビアを披露!

コスプレイヤー兼グラビアアイドルの霜月めあが、国際的男性向け月刊生活情報誌『FHM 男人幫國際中文版』でスポーティーなグラビアを披露した。

[FHMによるインタビュー]

FHM:本⽇は撮影お疲れ様でした。
霜⽉めあ:お疲れ様でした! 今⽇の撮影は⼤好きなテイストのコーディネートでとても楽しかったです!

FHM:おしゃれ感のある撮影をしてみたいというのは霜⽉さんからの提案でしたね。ストリートファッションがお好きなんですか?
霜⽉:はい。男性だけではなく、⼥性の⽅にもかわいいって思ってもらえるスタイルのグラビアにチャレンジしてみたいと思っていました。あと私はスニーカーが好きなので、以前働いていたお店の近くにあるAtmosさんの店内で撮影させてもらえたのもうれしかったです。

FHM:以前は原宿で働いていたんですか?
霜⽉:去年無くなってしまったWEGOの原宿本店で働いていました。もともと⾼校の時から地元にあったWEGOの⽀店にアルバイトで⼊って、そのまま社員になって店⻑をやったこともありました。東京に来たのも勤務店舗の異動ががきっかけだったんです。

FHM:宮城県のご出⾝というのは知っていましたが、芸能界デビューするために上京した訳ではなかったんですね。
霜⽉:はい。普通に会社の⼈事異動でした(笑)。東京に来た後も2年くらいはWEGOで働いていました。

FHM:では芸能界⼊りのきっかけは何だったんでしょうか?
霜⽉:私は地元に居た頃からコスプレが趣味で東京に来てからもイベントに遊びに⾏ったりしていたんですけれども、次第にコスプレのお仕事を頂くようになって、次第にグラビアのオファーも頂くようになって…、という感じですね。

FHM:コスプレイヤーだったんですね! どんな作品のコスプレをするのでしょう?
霜⽉:いろんな作品やキャラクターのコスプレをしますけど、今は≪⼑劍神域(ソードアート・オンライン)≫が好きですが、⼀番⼤好きな作品は≪亂⾺½(らんま1/2)≫で、もちろん漫画は全巻持っていますし、今もグッズ集めをしています。

FHM:亂⾺½といえば、霜⽉さんのお⽗様やお⺟様の時代の作品ですよね?
霜⽉:⾼橋留美⼦さんの作品が好きなんです。今年は新連載が始まるそうで楽しみなんです。

FHM:コスプレイヤー活動とグラビアのお仕事では、⾃分の⾒せ⽅、⾒られ⽅はずいぶん違うと思いますが、グラビアには抵抗はありませんでしたか?
霜⽉:ありましたね…。今でも照れくさくて仕⽅がないです…。

FHM:やっぱり⽔着のお仕事は恥ずかしいですか?
霜⽉:あ、違います(笑)。⽔着が恥ずかしいとかじゃなくて、私⾃⾝を⾒せることが照れくさいんです。コスプレの場合は⾃分が⼤好きな別のキャラクターになりきることが⽬的ですけれども、グラビアで⾒てもらうのは別のキャラクターではなく私⾃⾝なので、⾃分を⾒せるというのには⼤きな決⼼が必要でした。

FHM:もうDVDも2本リリースされていますし、⾃分を⾒てもらうことの楽しさも感じられるようになったのではありませんか?
霜⽉:いろんなお仕事を頂く中で、ここが私の⻑所なのかな? と思う箇所も⾒つけられるようになりましたし、スチールのお仕事できれいに撮影して頂けたときは嬉しいなと思うようになりましたけど…。でもやっぱり照れくさいですね。⾃分のDVDも照れくさくて仕⽅がなくて、つい早送りしたくなっちゃいます。

FHM:もしかして⾃分にあまり⾃信が無い⽅ですか?
霜⽉:全く⾃信ありません! コスプレを始めたのも⾃分にあまり⾃信が無いことの裏返しだったのかなって思っています。星座はさそり座で⾎液型はB型、猪年⽣まれ…、スペックは超強そうなのに、顔は真ん丸で⾚ちゃんみたいですし、性格も妹の⽅がよっぽどしっかり者ですし。妹と⼀緒に海外に旅⾏に⾏っても妹におんぶにだっこなおっとり者のお姉ちゃんなんです。

FHM:IGのモーメントでファンの⽅のお悩み相談に答えているのを拝⾒していると、おっとりというよりはサバサバ系の⽅なのかなと思っていました!
霜⽉:そういう⾯はあると思います。アパレル時代はメンズフロア担当が⻑くて、同僚がみんな男性だった影響だと思っています。

FHM:霜⽉さんと⼀緒に働くなんて羨ましいですね!
霜⽉:⼥の⼦扱いして貰えた記憶は全然ありませんけどね (笑)。

FHM:そういえば妹さんとご⼀緒の海外旅⾏はどこに⾏かれたんですか?
霜⽉:韓国ですね。やっぱりファッションが好きなので、個⼈向け販売もしてくれる東⼤⾨の問屋さん巡りしたりしていました。⽇本では⾒られないデザインのアイテムが沢⼭あって楽しいです。

FHM:台湾に来られたことはありますか?
霜⽉:申し訳ないんですどまだ⾏ったことが無いんです…。ランタンフェスティバルってちょうど今頃でしたよね? ぜひ⼀度⾏ってみたいんです!

FHM:平渓天燈節ですね。あれはとてもきれいですよ! 天燈節に参加できなくても、⼗份まで⾏けばいつでもランタンを上げることができるので、台湾に来たらぜひ遊びに⾏ってみてくだ さい。
霜⽉:あと最近台湾はかわいいファッションブランドがどんどん増えているイメージがあるので、台湾に⾏ったらぜひアパレルショップめぐりをしたいですね。あともうひとつ! 台湾のコスプレイヤーさんは皆さん本当にかわいいので、台湾に⾏くことができたらコスプレイベントも⾒学しに⾏きたいです。

FHM:これまで沢⼭の⽇本のタレントさんにお話を伺いましたが、⼩籠包や夜市のグルメの話を⼀切しない⽇本⼈タレントさんは霜⽉さんがはじめてです! 本当にファッションとコスプレが⼤好きなんですね。今⽇は楽しいお話をありがとうございました! 最後に、⽇本のタレントさんをいつも困らせてるFHM恒例の質問でインタビューを締めくくらせてください。もし霜⽉さんの⾔葉を世界中の⼈々に伝えられるとしたら、どのようなメッセージを送りたいですか?
霜⽉:全然困りません。すぐに⾔えますよ。「動物を⼤切にしてください」です。 いつも⽝が⼀緒にいる環境で育てられたおかげで私も動物が⼤好きなのですが、最近⽇本ではブリーダー崩壊や殺処分が問題になっています。様々な⽅や組織が殺処分を減らすように取り組んでいますが、それでもまだ全ての動物を殺処分から救うことができないのが 実情です。動物番組に出演させて頂いたり、なにか動物について発信できるお仕事をさせて頂くことが私の⽬標の⼀つなのですが、ぜひ皆さんにも動物の命について考えていただいて、動物を⼤切にして頂きたいと思います。

FHM:素晴らしいコメントをありがとうございます! 台湾では2017年から公的施設での殺処分が禁じられたのですが、今は施設の収容率が飽和に近づくなど、新たな問題が表⾯化してきています。霜⽉さんのコメントが、⽇本のファン、台湾のファン、そして世界の皆さんに届くことを祈っています。

[以下、雑誌グラビアアザーカット]

霜月めあ
1995年11⽉14⽇生  身長/165cm
スリーサイズ/B81-W57-H88

Twitter : @melomea030
Instagram : https://www.instagram.com/meameachan/

『FHM 男人幫國際中文版』

 創 刊:2000年7月
 発売日:毎月1日(雑誌、iOS版)

※雑誌は台湾国内専売、iOS版はapp store対応の世界各国で購入可能