基本プレイ無料のPS4版『BORDER BREAK』稼働開始! 完成披露イベントにド迫力の1/1スケールプラモデルが降臨


8月1日、東京・ベルサール秋葉原にて、PS4版『BORDER BREAK』完成披露会が行われた。ついにリリースとなったPS4版『BORDER BREAK』。今回の完成披露イベントには、プロデューサーの青木盛治氏、株式会社セガ・インタラクティブ代表取締役社長CEOの杉野行雄氏、株式会社ソニー・インタラクティブエンタテインメント取締役の盛田厚氏が登壇。ゲストに声優の高槻かなこさん、朝日奈丸佳さん、タレントの前島亜美さん、公式コスプレイヤーのこよみさん、KANAME☆さんが登壇した。

杉野氏は開幕の挨拶にてメッセージボードの「あれから9年、これから9年」というフレーズに言及。「年甲斐もなく涙がでてしまう」と言葉を漏らした。続けてゲームについて「基本無料ということもあるので、触ったことがない方も明日以降これを機会に触ってみてもらいたい。そしてたくさんの感動を紡いでもらいたい」と語った。青木プロデューサーは「ゲームセンターを飛び出してご家庭で遊べるようになるまで長い道のりだった」とプロジェクトを振り返った。

続いてはゲストの高槻かなこさん、朝日奈丸佳さん、前島亜美さん、公式コスプレイヤーのこよみさん、KANAME☆さんが登壇。今回登壇した高槻さん、朝日奈さん、前島さんは『はじめよう!ぼーだーぶれいく』という初心者向けの動画に揃って出演している。動画では「『BORDER BREAK』ってなに?」というところからゲームの魅力を存分に楽しめるようになっている。撮影を振り返って高槻さんは「カスタムが無限大ということで、いろんなコスプレをしています」とコメント。『BORDER BREAK』の世界観だけでなく、動画にも注目だ。

今回の完成披露会での目玉は、1/1スケールのプラモデル『輝星・空式』だ。こちらは、7月2日から8日にかけて新宿のメトロプロムナードで展示されていたものを組み上げた完成形となる。ただの1/1スケールでは面白くない、ということからプラモデル化企画が進行。展示時にもランナー付きのパーツが展示され話題となった。ほぼすべてがオリジナルのパーツで構成されており、3Dプリンターを使用するなど最新のテクノロジーも利用されている。サイズ感だけでなく、ライティングやウェザリングなど随所にこだわりの見えるモデルとなっているため近くで見ても存分に楽しめる作りになっている。

8月2日から稼働開始となったPS4版『BORDER BREAK』。基本プレイは無料となっているので、PS4をお持ちの方は1度試しにプレイしてみては。

PS4版BORDER BREAK公式サイト
http://ps4.borderbreak.com/